沿革

1985年4月
  • 株式会社東芝(交通事業部)100%出資の関連会社として発足
    資本金3000万円
    本社を府中市東芝町(東芝府中工場内)に開設
1989年10月
  • 資本金1億円に増資
1991年4月
  • 本社を府中市晴見町に移転(東芝北府中ビル内)
1993年10月
  • 大阪事務所 開設
1994年4月
  • 株式会社東芝より交通フィールド事業移管
1994年4月
  • 株式会社東芝本社ビル内に営業部門駐在開始
1995年4月
  • 名古屋事務所 開設
1997年6月
  • 株式会社東芝よりLED表示システム事業移管
1999年1月
  • 大阪事務所を大阪営業所に改称
1999年4月
  • 株式会社東芝より旅客案内システム、鉄道教育システム事業移管
2003年5月
  • 本社を府中市東芝町(東芝府中事業所内)に移転
2006年4月
  • 大阪営業所を西日本営業所に改称
2007年4月
  • 株式会社東芝より列車空調システム事業移管
2008年4月
  • 名古屋事務所を名古屋営業所に改称 北海道営業所 開設
2008年10月
  • 情報メディア事業を株式会社東芝に事業移管
2010年4月
  • 列車空調システム事業を株式会社東芝に事業移管 交通サービス部 新設
2012年4月
  • 東京営業所および東北出張所 開設
2015年4月
  • 東京営業所を東日本営業部、西日本営業所を西日本営業部に各々改称
  • 北海道営業所、名古屋営業所、東北出張所を北海道営業担当、名古屋営業担当、東北営業担当に各々改称
2015年6月
  • 空調事業推進部 新設
2017年4月
  • 東日本営業部及び西日本営業部を統合し、国内営業部ヘ再編
  • 九州営業担当を新設
2018年4月
  • エンジニアリング第一部及びエンジニアリング第二部を廃止し、交通フィールド事業推進部及び交通技術部に機能移管
2018年6月
  • 本社機能の一部を川崎市に移転(ラゾーナ川崎東芝ビル内)
2019年4月
  • 交通フィールド事業推進部を交通フィールドシステム部、空調事業推進部を空調部に各々改称

このページのトップへ